液晶テレビ11万台リコール=転倒の恐れ―パナソニック

時事通信 / 2017年9月13日 18時59分

パナソニックは13日、国内で販売した液晶テレビ計約11万台について、テレビ本体が転倒する恐れがあるとしてリコール(無料点検・部品交換)を行うと発表した。子どもの体に当たる事故があった1件を含め、転倒などに伴い計12件の修理を既に実施。けが人はいないという。パナソニックによると、テレビ本体とテレビ台をつなぐ接続部分に不具合があった。テレビの重さで接続部のねじが緩み、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング