民進党の笠浩史衆院議員(神奈川9区)は14日、離党する考えを大島敦幹事長に伝えた。後藤祐一衆院議員(同16区)と共に15日に離党届を提出する。党の動揺拡大により、前原誠司代表は一層厳しい党運営を強いられる。笠氏は14日午後5時ごろ、大島氏に電話し、「離党して新たに自民党に対抗できる勢力を結集するための行動を起こしていきたい」と述べた。大島氏は「残念だ」と語った。笠、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング