ロッテマート、中国店舗売却へ=迎撃ミサイルの「報復」で

時事通信 / 2017年9月14日 20時15分

【ソウル時事】在韓米軍配備の最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の用地を提供した韓国ロッテグループが中国当局から「報復」とみられる措置を受けている問題で、同グループは14日、商業施設ロッテマートの中国国内店舗の売却に着手したことを明らかにした。ロッテマートの中国撤退に発展すれば、中韓関係がさらに悪化するのは避けられない。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング