日本勢で議決権50.1%=半導体売却、銀行に説明―東芝

時事通信 / 2017年9月21日 16時37分

東芝は21日、主要取引金融機関と会合を開き、半導体子会社「東芝メモリ」を米投資ファンドのベインキャピタルを軸とする「日米韓連合」に売却する計画を提示した。東芝を含めた日本勢で東芝メモリの議決権の50.1%を握り、経営の主導権を確保。日米韓連合は買収資金2兆円のほか、研究開発費として4000億円を拠出すると説明した。契約を近日中に結ぶ方針も示した。買収資金2兆円は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング