「不当判決」「大変遺憾」=原告ら怒りと戸惑い―千葉

時事通信 / 2017年9月22日 17時29分

「不当判決だ」。22日にあった東京電力福島第1原発事故避難者訴訟の千葉地裁判決。国への請求を棄却した判断に、原告側からは怒りと戸惑いの声が上がった。判決言い渡し後、法廷から出てきた福武公子弁護団長は「国の責任を認めなかったことは遺憾」と厳しい表情で語った。22日午後2時5分ごろ、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング