噴火警戒で9400人避難=インドネシア・バリ島

時事通信 / 2017年9月22日 21時50分

【ジャカルタ時事】インドネシア国家防災庁は22日、バリ島東部アグン山(3031メートル)に噴火の可能性があるとして、これまでに付近の住民約9400人が自主避難したことを明らかにした。アグン山では、8月以降火山活動が活発化。火山性地震も頻発したため、当局は18日、警戒レベルを引き上げ、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング