旅客機の部品落下、車直撃=大阪市中心部、負傷者なし―重さ4キロ・KLM航空

時事通信 / 2017年9月24日 15時3分

国土交通省大阪航空局は24日、関西国際空港を23日に離陸したKLMオランダ航空868便が重さ約4キロの部品を落下させたと発表した。大阪府警によると、部品は大阪市内中心部を走行中の車の屋根を直撃したが、運転していた病院職員の女性(51)=東京都日野市=と同乗者1人にけがはなかった。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング