IS戦闘員数千人が降伏=ラッカ奪還「最終段階」―米国防総省

時事通信 / 2017年10月13日 8時39分

【ワシントン時事】米国防総省のホワイト報道官は12日、シリアとイラクにおける過激派組織「イスラム国」(IS)との戦いについて、「(ISの)戦闘員が数千人単位で降伏している」と述べ、掃討作戦は順調に進んでいると明らかにした。報道官は記者会見で、これまでの軍事作戦でISの支配下に置かれていたシリアとイラクの市民640万人以上を解放したと強調。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング