米ニューヨーク・タイムズ紙のコラムニスト、ニコラス・クリストフ氏は同紙電子版の12日のコラムで、中国外務省で北朝鮮問題を担当する孔鉉佑次官補(朝鮮半島問題特別代表)が訪朝を打診したが、拒絶されていたと明らかにした。クリストフ氏が先日訪朝した際に北朝鮮当局者が語った。クリストフ氏によると、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング