「独裁時代以来の弾圧」=州議会で対応協議へ―カタルーニャ首相

時事通信 / 2017年10月22日 6時19分

【パリ時事】独立問題に揺れるスペイン東部カタルーニャ自治州のプチデモン首相は21日夜(日本時間22日未明)の演説で、中央政府が自治権停止を盛り込んだ憲法上の特例を使って首相を含む州政府幹部を罷免する方針を示したことについて「フランコ独裁政権時代(1939~75年)以降で最もひどい弾圧だ」と批判し、近く州議会を招集して対応を協議する考えを示した。州政府はかねて、中央政府が自治権停止に踏み切れば州議会で独立を一方的に宣言すると説明してきた。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング