ブラジルの貧民街観光で死者=スペイン人の車に警官銃撃

時事通信 / 2017年10月24日 6時17分

【サンパウロ時事】ブラジル・リオデジャネイロ南部に位置する同市最大のファベーラ(貧民街)、ホシーニャ地区で23日、観光客を乗せた乗用車が警官による銃撃を受け、胸を撃たれたスペイン人の女性観光客が死亡した。警察などによると、乗用車が検問を止まらずに突破したため警察官が発砲。運転手は検問に気付かなかったと供述している。ホシーニャでは1カ月前に麻薬組織間の激しい抗争が勃発。警察を交えた銃撃戦が続いており、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング