希望・小池氏、安保法容認「矛盾ない」=民進出身者受け入れで強弁

時事通信 / 2017年10月26日 22時45分

希望の党の小池百合子代表は26日、安全保障関連法容認を掲げながら、同法に反対した民進党の出身者を受け入れたことについて、「不断の見直し」を明記した政策協定書への署名を理由に、矛盾は生じないとの見解を示した。東京都内で記者団の質問に答えた。希望の25日の両院議員懇談会では、安保法への対応をめぐって議論が交わされた。これに関し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング