海外取引の申告漏れ2366億円=法人税務調査で3年連続増―国税庁

時事通信 / 2017年11月7日 17時37分

国税庁は7日、今年6月までの1年間(2016事務年度)の税務調査で、海外取引をしている法人の申告漏れが前年度比2.5%増の2366億円と3年連続で増加したと発表した。このうち、隠蔽(いんぺい)を伴う悪質な所得隠しは23.4%増の206億円に上った。広島国税局管内で、簿外の裏金を捻出するため、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング