遺産相続の申告漏れ3295億円=前年度比291億円増―国税庁

時事通信 / 2017年11月13日 16時21分

 国税庁は13日、今年6月までの1年間(2016年事務年度)に1万2116件の相続税の税務調査を実施し、82%に当たる9930件で総額3295億円の申告漏れを指摘したと発表した。前事務年度より291億円多く、重加算税を含む追徴税額は716億円に上った。 [時事通信社]

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング