豪出版社、中国批判本の発行自粛=「静かなる侵略」著者は反発

時事通信 / 2017年11月13日 17時13分

【シドニー時事】オーストラリアの政界や学会に中国共産党が影響力を強めようとしていると批判した本を、中国当局からの法的措置の対象になりかねないとして出版社が発行を自粛し、これに著者が反発する事態となっている。豪メディアが13日報じた。この著者は豪チャールズ・スタート大のクライブ・ハミルトン教授。報道によると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング