日本の「報道の自由」に懸念=5年ぶり審査で国連人権理

時事通信 / 2017年11月14日 21時10分

【ジュネーブ時事】国連人権理事会は14日、日本を対象とした人権審査の作業部会を開いた。対日人権審査は、2012年10月以来5年ぶり。会合では、米国など加盟国の一部から日本の報道の自由に関する問題が初めて取り上げられ、懸念が示された。米国は、放送局の電波停止権限を規定する放送法など「メディアに対する規制枠組みを懸念」しているとして、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング