弘前大(青森県弘前市)は14日、1月に死去した元医学部教授の論文14本に捏造(ねつぞう)や盗用があったと発表した。弘前大によると、元教授は2000~03年に同大に在籍。調査対象とした論文38本のうち、02~06年に発表された骨折予防などに関する14本に捏造などが認められた。大学側に告発があったことなどから内部調査していた。元教授は生前、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング