与野党「5対9」で決着=衆院予算委の質問配分

時事通信 / 2017年11月22日 18時11分

衆院予算委員会は22日の理事懇談会で、27、28両日に安倍晋三首相と全閣僚の出席を求め、7時間ずつ審議を行うことで正式合意した。焦点の質問時間配分は与党5時間、野党9時間とすることで折り合った。この配分を「先例としない」ことも申し合わせた。与野党の配分をめぐり、与党は「5対5」、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング