安倍首相、敵基地攻撃「検討の責任ある」=参院代表質問

時事通信 / 2017年11月22日 15時55分

安倍晋三首相は22日、参院本会議の代表質問で、他国からのミサイル攻撃を未然に防ぐための「敵基地攻撃能力」の保有について、「国民の命と平和な暮らしを守るため何をすべきか、常に現実を踏まえたさまざまな検討を行っていく責任がある」と述べ、将来的な検討に含みを残した。首相は敵基地攻撃能力について「米国に依存しており、今後とも日米間の基本的な役割分担を変更することは考えていない」と強調。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング