24時間態勢で警戒=エルサレム首都承認受け―米国務省

時事通信 / 2017年12月7日 14時24分

【ワシントン時事】米紙ワシントン・ポスト(電子版)は6日、トランプ米大統領がエルサレムをイスラエルの首都と認めたことを受け、国務省が24時間態勢の特別チームを立ち上げ、世界各地で緊急事態に備えて情報収集していると報じた。国務省は、イスラエルやアラブ諸国の在外米公館で抗議行動が発生したり、米国人への脅威が高まったりすることを警戒しているとみられる。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング