宮司襲った後、自殺=56歳弟、女も殺害―警視庁

時事通信 / 2017年12月8日 10時5分

東京都江東区の路上で富岡八幡宮宮司の富岡長子さん(58)らが刺され3人が死亡した事件で、富岡さんを襲った弟の茂永容疑者(56)が現場に一緒に来た30代くらいの女を殺害した後、自殺していたことが8日、警視庁への取材で分かった。同庁は富岡さんとの間に何らかのトラブルがあったとみており、茂永容疑者と女を殺人などの疑いで容疑者死亡のまま書類送検する方針。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング