神鋼、JIS法理解せず=経産が調査指示、取り消し拡大

時事通信 / 2017年12月11日 19時13分

神戸製鋼所のグループ工場で、アルミ・銅製品の性能データ改ざんを受け、日本工業規格(JIS)認証の取り消しや一時停止が相次いでいる。神鋼が当初強調していた「社内規格に達していないが、JIS規格は満たしており、法令違反に当たらない」との説明が崩れた。その背景には安全認証に対する順法意識の薄さがある。関係筋によると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング