作家兼弁護士を懲戒処分=11年に「このミス」大賞―福岡

時事通信 / 2017年12月12日 20時5分

福岡県弁護士会は12日、遺産相続で依頼者から預かった金の管理がずさんだったなどとして、同会所属の保坂晃一弁護士(44)を業務停止1カ月の懲戒処分にしたと発表した。保坂弁護士は「法坂一広」のペンネームで推理小説家として活動。2011年に「懲戒弁護士」(『弁護士探偵物語・天使の分け前』に改題)で「このミステリーがすごい!」大賞を受賞している。同弁護士会によると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング