「匿名で出産」導入検討=子の「知る権利」担保―赤ちゃんポストの病院・熊本

時事通信 / 2017年12月15日 19時2分

親が育てられない子どもを匿名で預かる「こうのとりのゆりかご」(赤ちゃんポスト)を設置している慈恵病院(熊本市)が、妊婦が匿名のまま病院で出産できる「内密出産」の導入を検討していることが15日、分かった。蓮田健副院長は「医療機関以外で出産する母子のリスク低減と、病院が母親に接触することで考え直してもらう機会になると期待できる」と話している。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング