サウジ、記者殺害で皇太子非難の米上院決議を批判 「内政干渉」

ロイター / 2018年12月17日 11時34分

[カイロ17日ロイター]-サウジアラビア外務省は17日、同国の記者ジャマル・カショギ氏の殺害に関して声明を発表し、この事件は犯罪であり、サウジの政策を反映したものではないと主張。同氏殺害を巡り米上院が先週採択した決議を批判した。 米上院は13日、イエメン内戦に介入するサウジアラビア主導連合への軍事支援停止を求める決議案を採択した。また、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング