東芝、台湾向け電気機関車68両を受注 予備品含め約400億円で

ロイター / 2019年10月17日 12時51分

[東京17日ロイター]-東芝の子会社、東芝インフラシステムズは17日、台湾鉄路管理局(TRA)向けの電気機関車68両を台湾銀行から受注したと発表した。受注金額は予備品などを含み約400億円で、2022年から順次納入を開始する予定。 今回受注したのは、TRAが新たに導入する旅客・貨物列車の両方をけん引できる電気機関車で、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング