取り戻したソニーらしさ=アイボ12年ぶり復活が象徴

時事通信 / 2018年1月12日 18時34分

ソニーが業績不振により、2006年に生産を終了させたペットロボットが12年ぶりに復活した。鳴き声の「ワンワン」にちなんで1月11日に発売した犬型ロボット「aibo(アイボ)」は業績を回復させ、先進性と革新性という「らしさ」を取り戻したソニーの象徴となりそうだ。「自分の夢であり、ソニーの象徴だ」。平井一夫社長は米ラスベガスで今月開かれた世界最大級の家電・IT見本市「CES」で、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング