「ぺったんこ」カニの新種=小笠原で発見、巣穴に合わせ

時事通信 / 2018年1月18日 20時28分

お茶の水女子大などの研究チームは18日、東京・小笠原諸島の聟島(むこじま)列島沖で、共生するゴカイの巣穴に合わせ甲羅が押しつぶされたような新種のカニを発見し、「ペタンココユビピンノ」と命名したと発表した。ペタンココユビピンノは、甲羅の横幅が約7ミリなのに縦は約3ミリで、文字通り「ぺったんこ」な形が特徴。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング