コインチェックが業務改善報告=再発防止へ不正アクセス対策―401億円出金

時事通信 / 2018年2月13日 21時41分

仮想通貨交換業者コインチェック(東京)は13日、約580億円分の仮想通貨流出問題を受け、再発防止策を含む業務改善報告書を金融庁に提出した。不正アクセスを許したシステムの安全性向上、顧客資産や経営の管理体制強化など再発防止策を盛り込んだ。同社は顧客から預かっていた日本円の出金を再開し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング