【モスクワ時事】ロシアの首都モスクワ郊外で11日に起きた旅客機墜落事故で、ロシアの航空委員会は13日、旅客機の速度計が凍結したことで誤った速度が表示され、事故に至った可能性があるとする中間分析を発表した。航空委によると、離陸から約2分半後、高度約1300メートルに上昇した時点で計器に異常が生じ始めた。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング