墜落ヘリ、交換部品は中古=陸自が説明訂正、修理歴も

時事通信 / 2018年2月14日 17時38分

佐賀県神埼市の民家に陸上自衛隊戦闘ヘリコプターが墜落した事故で、事故前の整備で交換された部品「メインローターヘッド」が、中古品だったことが14日、陸自への取材で分かった。これまで新品と説明していたが、訂正した。部品は過去に修理歴があり、陸自は墜落との関連についても調べている。メインローターヘッドは、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング