イシグロ氏、名誉市民に=ノーベル賞作家―長崎市

時事通信 / 2018年2月14日 18時17分

長崎市の田上富久市長は14日、昨年ノーベル文学賞を受賞した同市出身の日系英国人作家カズオ・イシグロ氏(63)を名誉市民に選ぶ方針を発表した。21日から始まる市議会定例会に議案を提出する。イシグロ氏は5歳まで長崎市で過ごし、1960年に家族とともに渡英。英文で創作を手掛け、デビュー作「遠い山なみの光」は戦後間もない同市を舞台にするなどした。[時事通信社]

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング