過去の噴火、全国で精査=草津白根山「想定外」で―予知連

時事通信 / 2018年2月14日 21時20分

火山噴火予知連絡会は14日、気象庁が24時間体制で監視している全国50火山で、過去に起きた噴火の火口を精査すると発表した。1月の草津白根山(群馬県)の噴火が、想定していなかった本白根山付近で起きたことを踏まえ、2018年度前半をめどに今後の観測の在り方を検討する。[時事通信社]

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング