取締役8人に削減=ゴーン、益子氏以外は社外―三菱自

時事通信 / 2018年2月20日 21時20分

三菱自動車は20日、6月の株主総会で取締役を11人から8人に削減すると発表した。現在5人いる社内取締役を、ともに代表権を持つカルロス・ゴーン会長(日産自動車会長)と三菱商事出身の益子修最高経営責任者(CEO)の2人だけとし、3人が退任する。社外取締役は6人のままとする。経営の監督と業務執行の分離を強める一方、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング