福田次官の辞任論拡大=混乱長期化を懸念―与党

時事通信 / 2018年4月17日 20時45分

セクハラ疑惑が浮上した財務省の福田淳一事務次官に対し、与党内で辞任論が拡大している。不祥事が相次ぐ中、この問題で混乱が長引けば、政権へのダメージが増大し、与党にも批判が飛び火しかねないからだ。疑惑を否定する財務省の対応にも不満が強まっている。自民党の二階俊博幹事長は17日の記者会見で、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング