「政権苦しいときこそ支持」=細田、麻生派

時事通信 / 2018年4月17日 22時30分

自民党の細田、麻生両派の幹部らは17日夜、東京都内で会合を開いた。麻生派幹部によると、安倍政権の不祥事が続出している現状を踏まえ「苦しいときこそ政権をど真ん中で支えることが国民生活の安定につながる」との認識で一致した。会合には細田派の下村博文、麻生派の棚橋泰文両事務総長ら約20人が参加した。[時事通信社]

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング