相撲部員にセクハラ=強豪校、指導者の夫婦―静岡

時事通信 / 2018年4月26日 18時39分

静岡県沼津市の私立飛龍高校の相撲部で、ボランティアで指導していた夫婦が部員にセクハラをしていたことが26日、同校への取材で分かった。夫婦は指導者を辞めたという。同校は今年3月に全国大会の男子団体で優勝した実績を持つ強豪校。同校によると、夫婦は同部OBで警察官の20代男性と30代の妻。昨年4月から週2回ほど指導に来ていた。男性指導者は男子部員が着替えている際、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング