日本ガイシ、絶縁部品で検査不正=90年代から1億個、1月確認

時事通信 / 2018年5月23日 20時27分

日本ガイシは23日、1990年代から2018年3月末まで、顧客と契約した検査をせずに、電線から電柱に電気が伝わるのを防ぐ絶縁部品など11製品を累計約1億個出荷していたと発表した。出荷先は電力、鉄道会社など国内約200社、海外約300社。契約件数では約100万件に上る。今年1月16日に不正を確認したが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング