一番損したのは40代=映画で笑う欧州危機―伊監督

時事通信 / 2018年5月24日 16時28分

欧州経済危機のイタリアで、緊縮財政により大学を追われた研究者たちをコメディータッチで描いた映画「いつだってやめられる10人の怒れる教授たち」が26日から日本で公開される。シドニー・シビリア監督(36)は主人公役に「1970年代生まれの40歳代の俳優を選ぶのにこだわった」と語る。危機に際し「それより上の世代は逃げた。下の世代は切り替えた。40歳代が一番損をした」と考えているからだ。来日した4月末、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング