ユニーファミマ、海外スーパー撤退=香港4店売却

時事通信 / 2018年5月24日 20時27分

ユニー・ファミリーマートホールディングス(HD)は24日、傘下の総合スーパー、ユニー(愛知県稲沢市)が海外事業から撤退すると発表した。国内のアパレル専門店事業からも撤退する。両事業の運営子会社の株式を5月末に全て売却。不振の総合スーパー事業の構造改革を加速させ、売却資金は競争が激化する国内既存店の改装などに充てる。売却額は非公表だが計数十億円規模とみられる。香港ではスーパー4店舗を運営する子会社の全株式を現地の不動産開発大手ヘンダーソングループに譲渡する。ユニーの総合スーパー「ピアゴ」などのブランド名は維持されたまま営業が続く見通し。ユニーは2016年12月、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング