「白い気守」求め渋滞25キロ=市民生活に影響、頒布休止―埼玉

時事通信 / 2018年5月28日 4時9分

埼玉県秩父市の三峯神社は28日までに、毎月1日限定で参拝者に頒布していたお守り「白い気守(きまもり)」について、6月から頒布の休止を決めた。参拝者のマイカーなどで最長25キロの渋滞が発生し、市民生活に影響が出たためという。同神社は標高1100メートルの山奥にあるが、運気が上がる「パワースポット」として若い女性を中心に人気が上昇。2013年7月から「白い気守」の頒布を始めたところ、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング