市販薬の業界団体で内紛=会長2人、事務所も別

時事通信 / 2018年6月18日 19時32分

購入時に処方箋が要らない市販薬の業界5団体でつくる日本一般用医薬品連合会(一般薬連)で内紛が起きている。会長が2人存在し、事務所も二つある異常事態だ。両会長とも自身の正当性を主張しており、業界関係者は「恥ずかしい。早く落ち着いてほしい」とあきれている。一般薬連は2011年7月、市販薬業界を代表して政府などに提言・要望するため、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング