「移民受け入れで犯罪増」=トランプ氏主張、独首相反論

時事通信 / 2018年6月20日 6時42分

【ワシントン時事】トランプ米大統領は19日、ツイッターに「ドイツでは移民を受け入れて以降、犯罪が10%も増加した」と投稿した。不法入国者を犯罪者として処罰し、子供を親と引き離して収容するトランプ政権の政策が批判を浴びる中、治安面の問題を強調して不法移民阻止の正当化を試みたとみられる。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング