「違法」ブロック塀続々発覚=認識不足、改修費も課題―大阪北部地震

時事通信 / 2018年6月23日 16時41分

大阪府北部を震源とする最大震度6弱の地震では、亡くなった5人のうち2人が、通学路にある古いブロック塀などの倒壊に巻き込まれた。子供の身近に潜む危険が浮き彫りとなり、府内の各自治体は急ピッチで安全点検を進めている。高槻市立寿栄小学校4年の女児(9)が犠牲になった事故では、ブロック塀の建築基準法違反が判明。大阪市東淀川区の見守りボランティアの男性(80)も、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング