交番で現金盗んだ疑い=男性巡査を書類送検―富山県警

時事通信 / 2018年6月25日 17時48分

富山県警射水署管内の交番で同僚の財布から現金を盗んだなどとして、県警は25日、窃盗容疑で同署地域課の男性巡査(22)を書類送検し、停職3カ月の懲戒処分とした。巡査は「パチスロなどの遊興費が欲しかった」と容疑を認め、同日付で依願退職した。送検容疑は2月24日~4月10日ごろ、5回にわたり、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング