西日本豪雨で、発達した積乱雲が狭い範囲に連なって大雨をもたらす線状降水帯が、8日までの11日間に68回発生したことが、日本気象協会の分析で分かった。全国で1年間に観測される線状降水帯の数に匹敵するという。6月28日~7月8日の気象データを解析。2時間に50ミリ以上の雨が降った領域が楕円(だえん)形で、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング