農林水産被害481億円=生産の影響、長期化懸念―西日本豪雨

時事通信 / 2018年7月16日 16時9分

農林水産省が16日発表した西日本豪雨などによる農林水産関係の被害額は、同日午前8時現在で480億5000万円と15日午前時点(436億9000万円)から拡大した。農地・山林や農業施設を中心に被害額はさらに膨らむ見通しで、生産への影響長期化が懸念されている。主な内訳は、野菜や果物など農作物が22億4000万円、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング