セウォル号沈没、国家責任認める=1人2000万円の慰謝料―韓国地裁

時事通信 / 2018年7月19日 16時38分

【ソウル時事】2014年4月に韓国南西部沖で起きた客船セウォル号沈没事故で、一部遺族が政府や運航会社を相手取り、損害賠償を請求していた裁判で、ソウル中央地裁は19日、国と運航会社双方の賠償責任を認め、犠牲者1人当たり2億ウォン(約2000万円)の慰謝料支払いを命じる判決を下した。遺族は、国の責任の法的判断が必要として、政府の賠償・補償を拒否していた。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング