関東甲信地方では10日夜、暖かく湿った空気の影響などで大気の状態が非常に不安定になり、局地的に猛烈な雨が降った。気象庁は11日明け方まで土砂災害や河川の氾濫、落雷や竜巻などに注意するよう呼び掛けた。10日午後6時以降、宇都宮市や栃木県那須烏山市などで1時間雨量が約120ミリとの記録的短時間大雨情報が出された。午後7時前には群馬県みどり市でも同情報が出された。11日午後6時までの24時間雨量は多い所で120ミリの見込み。[時事通信社] [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング