低空飛行「手届くほど」=不明ヘリの目撃男性

時事通信 / 2018年8月10日 16時1分

「手が届くような低空飛行だった」。10日、群馬・長野県境を飛行中に行方不明になった群馬県の防災ヘリ「はるな」。付近では、同ヘリとみられる機体が低空飛行するのが目撃されていた。県境にある「渋峠ホテル」専務の児玉英之さん(47)によると、午前10時ごろ、ホテル内で接客をしていると、かなり大きなヘリの飛行音が聞こえた。「ずいぶんうるさいな」と思い、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング